半地下備忘録

たつさんの日記的ななにか。

ブックオフで買った本に書き込みが多数あったので交換申請してみた

ブックオフオンラインで買った本に書き込みが多数あったので交換申請してみた話。ちなみに今までも何度も購入していて、品質に不満だったことはなかった。

ブックオフで『新版 コーチングの基本 この1冊ですべてわかる』を注文して、届いたものにはアンダーラインや書き込みが。数ヶ所というレベルじゃなかったので、さすがになー…と思って公式サイトを見てみると、ちゃんと品質についてのガイドライン的なものが公開されていた*1

f:id:tatsu-n:20210505123921p:plain
中古商品の品質

明確に何ページに書き込みなどがある…とは書かれていないものの、「数ページにわたって書き込みがあるもの」には該当するだろうということで、交換を申請してみました。

申請方法については、公式サイト書かれている通りで、会員メニュー、購入履歴・状況からお問い合わせを選ぶ。今回は届いた日に書き込みを見つけて、明細も残ってたから助かった。本の中を確認するまでは明細を捨てないように気をつけたほうが良さそう。返品・交換の申請は10日以内。

5月3日にメールを送って、翌日に返事が届く。祝日なのにすぐ返事くると思ってなかったので、大変好印象。同一商品があれば送る、なければ返金って内容でした。書き込みのあった本は返送不要で廃棄してくれってのも楽で助かる。まぁ商品にならないから当然といえば当然か。

ちゃんと代わりのものが届くのか返金になるのかはお楽しみに……。

地域コミュニティ立ち上げから発展の話『もしわたしが「株式会社流山市」の人事部長だったら』

今週のお題「おうち時間2021」

おうち時間。積んである本をできるだけ消費……しているはずなのに、なぜか増える積ん読。解せぬ……。適当に手にとったのは『もしわたしが「株式会社流山市」の人事部長だったら』。流山市での地域コミュニティの立ち上げから、現在までの話。地域コミュニティとか立ち上げるまでの興味はないものの、どんなもんかなって気になって手にとってみました。

地域コミュニティ立ち上げの話

著者は第一子育休中にサテライトオフィス立ち上げのインターンに参加。そのときの様子を見ていた流山市マーケティング課から「母になるなら、流山市」のモデル候補にならないか打診されました。そこで地域活動を体験するも、復職後は子育て、仕事の両立は難しいと考え、地域の活動をやめます。このときに地域で稼ぐことの難しさも感じたそうです。

第二子妊娠時には「子育てしながら仕事をする時の理想の暮らしって具体的にどんな感じか?」地域活動で自身の能力を発揮して必要なお金を稼ぎ、遊び・学び・働くを融合できないかを模索し始めます。そこで育休中の約1年間で地域活動を仕事にできるか実験を開始します。

市民団体設立後、市のマーケティング課と連絡を取り合っているとまちの広報活動に関係する活動への参加の話が。各自治体が地域の魅力を競う「シビックパワーバトル」の流山のリーダーを引き受けます。全体の実行委員会の委員長も引き受けます。ここから登壇候補を探し、企画は盛り上がり成功を納める。

以降、いくつかの企画(成功したものと失敗したもの)の紹介、団体が成長していく様子が描かれていました。

気になるところが駆け足で進む

団体立ち上げからシビックパワーバトルまでが、1章の20ページほどで紹介されていました。全体で250ページちょっとなので、もうちょっと膨らませてほしかった。この本を手に取る人の多くは、立ち上げから軌道に乗るようなところが気になる人が多いんじゃないかなと。昔のことなので、なかなか具体的に書くのが難しかったのかもしれない。

そもそも「市のマーケティング課から声がかかる」という一番のターニングポイントだったのでは…というところがさらりと流されているのが物足りなさとして最後まで引きずったかなー。

もしわたしが「株式会社流山市」の人事部長だったら

もしわたしが「株式会社流山市」の人事部長だったら

  • 作者:手塚純子
  • 発売日: 2020/12/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

長女が小学校行った結果、次女の保育料爆上がり

長女が小学校に入学した結果…。

長女

保育料0円 → 学童月1万円

次女

まだ未満児クラスで、無償化の対象外だけど、2人目なので保育料半額 → 長女卒園で保育料2倍に

その他

長女と次女が別の場所になったので、送迎のために駐車場借りて、月4000円。

ざっくり月に3.5万円ほど出費が増えた……。これで我が家が破産するわけじゃないけど、でも3.5万円は小さくないし、子育て世帯のこういう負担が減っていってくれるといいよね……。

長女、小学校に入学

長女が小学校に入学した。お受験とかはなく、近所の小学校。歩いて10分もかからないくらい。

今の所元気に通ってくれていて、行きたくないとかも言わず。放課後は小学校内にあるの学童でお迎えを待つんだけど、そちらも今の所楽しんでくれているみたい。あまり詳しくは教えてくれないけど、お友達もできたみたい。

たくましくなったなーって思うことばかり。

5歳と2歳の子どもたちに中古のカメラを与えてみた

f:id:tatsu-n:20210315215239j:plain
子どもたちに渡されたDMC-FX70

衣替えをしていたら、クローゼットから奥様が昔使っていたコンデジが出てきた。子どもたちが興味を示したので、そのまま与えてみることにしました。長女(5)にだけ渡すと喧嘩が勃発するので、次女(2)のためにメルカリで色違いで同じ型番のものを購入。


Amazonを見ると、こういういかにも子ども用っぽいやつも売っていますが、大人が使うようなやつを与えるほうがテンション上がってくれます。ちなみにLUMIXのDMC-FX70ってやつで、メルカリで2000円ほどでした。中古コンデジのほうが安いやんけ。

楽しそうにパシャパシャ撮ってるので、そのうちいい写真があれば保存しておければなと。なかなか写真を撮らせてくれない奥様が、子どもたちにカメラを向けられると写ってくれるのがとても良い。飽きずにたくさん撮影してくれるといいな。

AmazonプライムスタンプラリーでポイントやEchoが当たる(10月21日まで)

f:id:tatsu-n:20201009093415p:plain
2020年10月21日まで

2020年10月21日までに下条件を満たすと抽選でAmazonのポイントやEchoが当たるキャンペーン中です。

プレゼント内容は

  • 20,000ポイント(100名)
  • Echo Dot(2,000名)
  • 1,000ポイント(3,000名)
  • 500ポイント(6,000名)

抽選の条件は以下の4つ。

  • プライム配送で1,500円以上の商品を購入
  • Prime Videoを視聴する
  • Prime Musicを聞く
  • Prime Readingの本を読む

キャンペーンの期間は2020年10月21日まで。

キャンペーンページはこちら。

テレビの外付けHDDに録画した番組を新しいHDDに移動した

テレビに接続していた外付けHDDが不調だったので買い換え、録画してあった番組を新しいHDDに移動した。ささっとググってもレコーダーを買う、専用機器を使う、メディアサーバを立てるなど、あまり手軽な解決方法が見当たらなかったけど、そんな面倒なことせずUSBハブだけで安価にできたので一応メモしておく。

ちなみに完全にお亡くなりになった状態ではできないのと、すべての機種でできるとは限らないと思うのでご注意を。

外付けHDDから番組を移動する

テレビにUSBハブを接続して、外付けHDDを2台にする。

f:id:tatsu-n:20201007134347j:plain
USBハブを使って外付けHDDを2台接続する

新規のHDDを認識すると「初期化しますか?」みたいなメッセージがでるので、そのまま進める。録画した番組の一覧の所にある「ムーブ」で旧外付けHDDから新HDDへ移動させることができる。これだけ。

ただし、うちのテレビが非力なのか、番組の移動自体に結構時間がかかるのと、1回で選択できるのが16番組だけってのがつらい。やっている間にHDDが死んでしまわないか心配になる。

使用した機器

USBハブは買っても1000円とかなので、もしテレビの外付けHDDが不調で、HDDを交換したいけど、今まで録画した番組を残したいという人がいたら、挑戦する価値はあると思います。